2012年04月15日

今週の地上波モノ

モーレツ宇宙海賊
 白凰女学院海賊部の巻。女子高生としては破格の能力を持っていた白凰女学院ヨット部の皆さんも、本職の海賊船相手には女学生でしかなかった、てな流れ。繊細な船を壊されまいと必死で高速にマニュアルを作成する弁天丸クルーが面白い。そしてグリューエルが差し入れを出したときのチアキちゃんの表情が恍惚過ぎる。ホント甘いものが好きなんやなあ。ともかく、やっと弁天丸を動かせたというところで、本番はこれからの海賊業務。次回、どんな風になるのか楽しみです。

Fate/Zero
 約束された勝利の剣の巻。キャスター戦最終局面。バーサーカーは結局なんで突然セイバーを狙い始めたんでしょう。雁夜が意識を失って、アーチャーを狙えという指令が途切れたからなんでしょうか。それともエクスカリバーを解放したセイバーが、この場でもっとも強い力を持つと判断されたからなんでしょうか。ランサーは結局「いい奴」である以外の活躍はしなかったですね。しかし雁夜はあれだけ息巻いていたのに、虫を飛ばすだけなんですか。そりゃあ時臣もがっかりするわ。ともかく、エクスカリバーは美しく大迫力に描かれていて、威力に見合う満足度でした。


アクセル・ワールド
 2回目。初勝利の巻。ルールを聞いていて疑問に思ったのですが、戦って奪うしかないのに別のところで消費はする、となると、全体としては減っていくしかないのですが……新たに入ってきた人のポイントで維持できるんですかねえ。まあ、現実から見るとチート能力ですから増加の一途をたどられると困ったことになるんだと思いますが。しかし、ここまで特に違和感を覚えなかった黒雪姫の中の人。感情を乗せようとすると途端に棒になりますね。もうちょっと頑張って欲しいところです。あと、原作者?の人の解説も正直不快なのでやめてほしいところ。うめてんてーみたくちゃんと混ざれるならまだしも、明らかに素人が紛れ込んでる状態でしたからね。


宇宙兄弟
 3話。試験続行の巻。地味な試験を見せているのに、面白くなるのは六太のモノローグのおかげですよね。前回までしゃべってなかったんじゃないかと思うのですが、ヒロイン?の中の人は沢城みゆきさん。子供時代の六太、さらにヒロイン自身の子供時代も演じていて、ものすごく沢城無双でした。あと、中本さんと高木さんがやけに似ているのに笑いました。イカリヤさんとか志村さんはいないのかなあ。


咲-Saki-阿知賀編
 初回。和の小学校〜中学校時代の話なのかと思いきや、彼女がその時代を共に過ごした友達の、さらに高校時代の話なんですね。いくつか本編でも出てきた名前が出てきて外伝らしさを匂わせていました。個人的にはなんで穏乃が中学で、和がいる間に麻雀部を立ち上げなかったのかが疑問。転校生を麻雀教室に引っ張り込んだり、進路で麻雀の強弱を気にしたりするくらい麻雀熱があるのに。強い先輩もいるんだし。ともかく、中の人もわかりやすく豪華で、楽しめそうです。


謎の彼女X
 初回。フェチズムやなあ。個人的にはあまり涎に思い入れはない(普通ない)し、絵もシンプル、中の人の演技は不安定とあんまり引きつけるポイントはないのですが、話自体はちょっと興味を引きますね。とはいえ、見続けられるかどうかは不明ですが。主人公の部屋にあったビッグオーとドロシーっぽいフィギュアが気になりました。監督がビッグオーの人だとかそういう関係なんでしょうか。


さんかれあ
 初回。主人公が変な性癖を持ちつつも割といい奴で、さんかれあさんも可愛くて無防備エロスで、なかなか面白そう、と思ったんですが……え、ホントにさんかれあさん、ゾンビになるの?そうなれば主人公的にはウェルカムなんだろうけど、それでいいのか。うん、興味深い。あと、井口裕香さんの妹キャラも狙ってる感をヒシヒシ感じますが、これも好きな感じです。


黄昏乙女×アムネジア
 初回。こちらはヒロイン?が幽霊ですか。明らかに何かいることはばればれだったので、あえて丸ごと「見えない状態」と「見える状態」で繰り返さなくてもよかったような。でもそれだと最初から見えてる状態で、でも小此木さんはそれに気づかないという絵にしないといけないのか。それはそれで困難かも。そして話自体はそれほど特筆するものではなかったような気もするので、やっぱりあの作りが正解なのかな。
posted by hugie at 23:44| Comment(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]