2012年04月14日

今週の地上波モノ

這いよれ!ニャル子さん
 初回。前のflashアニメはだいたい見てました。それほど目新しいことをしてるわけではないのですが、テンポよく、そして初回はニャル子と真尋だけに絞って話を進めてくれたのでわかりやすくてよかったですね。しかし小ネタが多いなあ。いきなり「寝起きにポテトチップス」とか言ってるし、ニャル子の悲鳴はガンダムのMSやMAだし。話題の?OPはそれほど響きませんでした。flashアニメ2期の時のテーマ曲「恋する乙女のカタルシス」がめちゃくちゃ好みだったので、さすがにそれと比べるのは酷なのですけども。とはいえ、まだ初めて聞いたばかりですから、今後聞き続けるうちにはまっていくのかもしれません。


これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド
 2回目。前回、みんなの前で魔装少女姿をさらした上に、ミストルティンが壊れて記憶消去ができなかったため、社会的に死んだと思われた歩。なぜかその姿が流行ってしまい、時の人になるのでした。そしてトモノリは、その状況についていけず心が折れそうになる歩を天体観測に誘うのでした。そんな話。トモノリはホントこの話の中では真っ当に可愛いなあ。今回の妄想ユーの中の人は南央美さん。と、思ってたらクレジットには前回の井上喜久子さんと並んで記載されています。なぜ、と思ったら次回予告は本物と合わせて3人での掛け合いなんですね。豪華だ。


夏色キセキ
 2回目。冒頭のラジオ体操がモノローグもなく長々描かれるのを見て、やっぱりダメかなあと思ったのですが、お石様のキセキで夏海と紗季がくっつくあたりから面白くなってきました。二人が引きつけあって組んず解れつしてるところの二人の身体も丁寧に描けていたように思います。でも、その後も追いかけっこが延々続いたりして間延びしてるんですよねえ。今回の出来事と引きは問題なく楽しめましたから、個人的にはここまでの話をがんばって切り詰めて、第1話に入れてしまうべきだったのでは、と思ったのでした。


めだかボックス
 2回目。あ、1回2話構成になるんですね。この配分だと原作によけいなモノを足さず、引かずに作れる長さだと思うので、おそらく割と原作通りなのではないでしょうか。まだキャラ紹介に近い内容なので、特筆することもないですかね。ひどいとも思わないですが、めちゃ面白いとも思わないレベル。今後もこのままだと継続して見続けるのは厳しいかなあ。


あっちこっち
 初回。原作未読。でも安心のきららクオリティ。特に説明もないのにすぐにだいたい把握できました。わかりやすいというか典型的というか。すでにカップル(男女)ができていて、照れ照れながらもいちゃいちゃしてるというのがこの手の作品としては珍しいかも。先に書いたように原作は未読ですが、アニメになって猫耳の動きなどがついた分、萌え度はアップしてるんじゃないでしょうか。つみきの中の人は大久保瑠美さん。最近よく名前を見かけるようになりましたが、ゆるゆりでの竹達彩奈さんっぽい演技しか知らなかったので、気づけませんでした。

シャイニング・ハーツ
 初回。……あれ?シャイニングシリーズってファンタジーRPGですよね。このまま主人公はパン屋のまんまだったりするのでしょうか。原作ゲームを知ってたらこんな疑問も浮かばないのでしょうけど。あと、主人公とエルフ兄が神谷浩史さんの兼ね役というのに驚きました。意味のある配役だと思いますが、果たして。シスター服のヒロインの中の人はゆるゆりのあかり役の三上枝織さん。こちらは第一声で「あかりの中の人だな」と認識できました。

posted by hugie at 00:00| Comment(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]