2015年02月22日

今週の地上波モノ

幸腹グラフィティ
 サンマの塩焼きの巻。リョウにお世話になりっぱなしだから、料理をするという発想はいいんですが、塩焼きって。いや、そりゃあおいしくするにはこつとかもあるんでしょうけど、指導役がいる上に塩焼きだったら相当難易度低いのでは……もちろん「その気持ちが嬉しい」とかそういう所に落ち着くのでしょうけども、普段のリョウの酷使具合には釣り合わないなあ、なんて思ったのでした。今回の話を見ても、彼女自身がお世話好きなので、それを苦に思っていないことはわかっていますが、それでも。


ガンダムビルドファイターズトライ
 強さを求めるの巻。スターウィニングがいろんな形態からバリエーション豊かに戦ってるのが凄い。支援もできるし自分も強く、という命題をきっちりクリアしてるなあ。ユウマも冷静に正確に、という基本に加えて熱さも持つようになって、頼もしい。そんな状況だからセカイの同門対決によるピンチが際立つなあ。同門と言っても相手はどん欲に他の武道を飲み込んでるタイプだから、こちらの技は見切られてるけど、相手の技は見切れないという。あと、セカイは他人の作ったガンプラを使ってるという点。確かにこれは前作の流れを考えると引っかかるんだよなあ。自分でメンテナンスをしたりという熱意はあっても、さすがに世界レベルのガンプラをいじれるほどじゃないし。まあ、兄弟子が自分用にチューニングしたガンプラより、世界レベルのガンプラ(ビルダーの作ったガンプラ)の方がより強い、という事になるのかなあ。あとは信念、心の強さの問題になりそう。


アイドルマスターシンデレラガールズ
 改めて第一歩の巻。どこまでもすれ違うPとアイドル達、そんな彼の初心を思い出させてくれた「まっすぐ」さと「笑顔」を持った卯月。前回から今回にかけて、話の中心は間違いなくPと未央ですが、シリーズの柱は卯月であると。以前から主人公は凛でもシンデレラガールズのセンターは卯月であると言われていましたが、それをアニメでも表現してくれているかのようです。
 3話まででプロローグが終わって、話が動き出したと思っていたら、実はこの7話までがプロローグだったのですね。3話の成功、そこから6話のトラブルまでの伏線、そしてこの7話で1話のリフレイン。3話まででも十分丁寧に作られていて、不安を払拭させてくれたものですが、それ以上に制作者側の熱量は大きかったようです。
 あと、この主題歌CD発売週に、主題歌を流さない展開を持ってくる勇気。制作が希望しても大人の事情で覆されそうなものですが、それを通せてしまう制作形態も「恵まれている」のでしょうね。
posted by hugie at 17:15| Comment(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]