2014年12月13日

今週の地上波モノ

棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE
 最終回。うーん、確かに戦いは元凶であるガズを倒すことで終わったし、一応トール達のその後も描いてはいるけど、クライマックスで一番悲劇的な、記憶を思念料にしてガズを討ち滅ぼしたチャイカ、その彼女の「記憶」はどのようなものなのかに全く触れてないのがもやもやする。「自分は道具、もはや生きる価値なし」と言っていた、その不幸な生い立ちなどを捨てることができて幸せになったのか、それとも記憶を失ったことを嘆き悲しんでいるのか。あと、フレドリカと契約してドラグーンとなったトールも、その後どうなるのか。原作はまだ続いているのかな。まだ1期の内容も読めてないですが、原作を追っていこうと思います。


結城友奈は勇者である
 真実の巻。うん、割と予想通り。「絶望的な話をやりたい」というコンセプトを提示した後、想像を超えてくることが全然ない。映像や声優さんのパフォーマンスで感情に訴えてくることはあっても、お話自体のパワーは足りてないなあ。前回の「大赦を倒す」という展開の次の回に「神樹様を滅ぼす」という展開を持ってくるのも弱いと思う。自殺未遂を描くのはどうなんだろいう話は置いておいても、そのことも前回見せてしまってるから、映像でためを作っても結果わかってるし。うーん、いまいちだなあ。


俺、ツインテールになります!
 心変わりの巻。私にはわかりにくい、わからない感性でやりとりをしている為か、なぜ最後にああいう所に落ち着いたのか理解できませんでした。死にそうになったところを助けられて「素敵……!」とかそういうの全くなしにテイルレッドにキスしたもんなあ。あとは、テイルギアを唐突に「合体だ!」で合体させられたのは特撮的なお約束だとして、その後の「ファイヤー!と言ったら発射」という定番のネタで、誤射(?)して先制勝利する辺りは面白かったです。


神撃のバハムートGENESIS
 運命を変える方法の巻。久々にアーミラの楽しげな表情を見られたかと思うと、運命という壁が立ちはだかる。ファバロはアーミラから逃げ出したいとは思っても、アーミラに降りかかる不幸を見て見ぬふりはできないお人好しさも持ってて好ましい。ジャンヌがはめられて悪魔(?)の誘惑にさらされてたけど、彼女がどうなるのか。その悪魔(?)と接触したリタがどうなるのか。そして運命を変える方法として提示されたものをファバロはどう扱うのか。まだまだ結末が見えません。


甘城ブリリアントパーク
 ラティファの真実の巻。頑張ったけどダメでしたでは物語にならない訳ですが、さらに追い打ちをかける設定開示。さらに可児江君が過去にラティファと会っていて、「助けてやる」と言ったという彼のプライドに関わる過去も判明。そりゃあ目標が達成できなさそうな現状にいらだつ。でも、そんなラティファを保護してきたモッフルとは目的意識を共有できた模様。さらに大逆転の何かも見つかった模様。結末はわかるけど、そこにどうやって持って行くのか、見物ですね。


ガンダムビルドファイターズトライ
 姉の戦い。フミナ先輩、家でもあの格好なの!?つまりあれは普段着で普段着のまま大会に出てるってこと!?ファッションとかに無頓着なキャラなのかもしれないけど、さすがにもうちょっと気を遣ってやれないものか。あ、その辺をミライさんがいじりまくってファッションショー、という話があるのかな。ともかく、ミライさんのガンプラバトル話。イオリ君がチナちゃんにベアッガイさんのアドバイスをして、その弟がセカイ君の姉にベアッガイさんのアドバイス。脈々と繋がってる感じが好ましいですね。そして、有名人の人のなりふり構わない戦いと、それをはねのけたミライさんの次元覇王流。ミライさん、完璧超人やなあ。


ヤマノススメ
 人付き合いの巻。何度も出会うほのかが気になり、声をかけるあおい。その後、谷川岳を登り、途中で見覚えのあるものを見つけながら山小屋に到着するあおいとひなた。そこで子供の頃の記憶を回想し、というような感じ。約束が成就されたらどうなるんだろう、という所にこだわっているのが物語っぽいなあ、と思いますね。あおいはまだしもひなたはそんなこと気にしそうな感じではないだけに。

posted by hugie at 00:00| Comment(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]