2014年11月22日

今週の地上波モノ

甘城ブリリアントパーク
 プールの海賊の巻。この作品はこまごまと妄想を捗らせるエロ要素を突っ込んでくるなあ。今回は触手とか奴隷とか。ラティファ様は「お忍び」しないといけないのか。自分のパークなんだから堂々と見回りすればいいのに。城から離れられないというのはそんな致命的な問題なのかな。あとは前回衝撃的な登場を果たしたバイト3人がきっちり活躍してるのにびっくり。一発ネタのキャラじゃなかったんだ。名前があんなに手抜きっぽいのに。ていうか、ウェブラジオを聞いて知ったんですが、Cの人なんかはキャラソンCDでソロ曲もらってるんですね。AVのお姉さんはおっとり全開でちょっと不思議ちゃんぽくていい感じ。活躍するのならもっと彼女にスポットを当てて欲しい。いや、その前にラティファ様をもっと。


ガールフレンド(仮)
 生徒会学食の巻。普通だけど安定して楽しめました。無理に主役決めてその子中心に回さずとも、こうやって回毎にスポットを当てる場所を変えればいいのに。しかし生徒会長さんはホントカリスマだけで上に立ってる感じやなあ。でもまあ、周りが有能であればトップは精神的支柱になってればそれでバランス良いのかな。しかし、こんな事をやってたら数日間生徒会のメンバーはまともに授業受けられないと思うんだけど。ところで、次回もゆいかおり(中の人)中心で、主役不在で進めるのかな。朝比奈桃子さんは、あんまり原作をプレイしていない中でもお気に入りキャラなので、ちょっと楽しみです。


俺、ツインテールになります!
 ツインテールを憎むの巻。お嬢様に対してずかずか踏み込む総二が無自覚に口説いてるみたいでおかしい。お嬢様の方も踏み込まれてめろめろになってる感じ、と思いきや、どうも露出に目覚めたよう。「ツインテールが」「ツインテールが」と言ってる会話は頭おかしい(褒めてる)ので、これはこれで面白いのですが、戦い始めると普通にバトルしてるだけなのがちょっと物足りないなあ。


結城友奈は勇者である
 合宿の巻。うーん、やっぱり樹の不調を「声」にしたのは失敗だったんじゃないかなあ。樹の返答(スケッチブック)を見るべき時は見やすいような画面になっていますが、そうでないときは能動的に画面中の彼女を探してスケッチブックを読まないといけないですし、そうしないとつっこみ不在になってる場合があります。あと、中の人が可哀相。ラジオでパーソナリティやってるのにこの2回ほどアフレコに参加してないんじゃないのかなあ。敵が残ってたのはもう間違いなく誰もが予想していただろう事だから、それを重く表現してもなんとも感じないですね。で、最後に部長の精霊が一匹増えた事で不意に思いついたのですが、精霊ってもしかして無効になった身体の一部を代償に使役されてるのかも。最初から東郷さんの精霊が多かったのは、彼女が戦う前から両足が不自由だったから、という事じゃないでしょうか。


ヤマノススメ
 宿題の巻。安請け合いで宿題を教えることにして、教えられなくて、ここなちゃんを呼び出そうとする楓さんがひどい。あおいも登山中心の生活で、登山に関わらない夏休みの宿題は完全放置というのがひどい。ひなたは要領がいいというか、意外なところで「できる」奴ですよね。ここなちゃんはもう完璧超人過ぎて。あおい達も言ってたけど、しれっと高校生の宿題を教えてくれそう。

posted by hugie at 00:00| Comment(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]