2014年11月02日

今週の地上波モノ

Gのレコンギスタ
 衛星軌道での戦いの巻。強敵デレンセン、というサブタイトルで、実際強敵だったんですが、まさかここで退場させられるとは思ってもいませんでした。敵味方ともに人が死んでいく事を意識させられる作りだなあ。リフレクターによるGセルフの戦いは主人公ロボらしい特別さがあって良かったのですが、それにしたってベルリの動きがやっぱり理解しづらい。隙あらば逃げようとしている、みたいな言動はあるけど、戦いになったら死にたくないから敵(本来の味方)を倒しまくる。ともかく、今回はガンダムでお約束の大気圏突入に繋がるお話でした。……あれ?何の為に衛星軌道?にまで上がってたの?行き先は地上だけど、ショートカットする為に上がったんですかね。


SHIROBAKO
 休日の巻。やっと高校時代のメンバーが集まる話。声優志望の子はやっぱり狭き門に阻まれてるみたい。飲み会で、「○○ならできる!」と励まし合ってるのが、なんか痛々しい。気心知れてるからそれでいいのかもしれないけど、中途半端な関係でコレをやると「おまえに私の何がわかる」みたいな展開になりそう。そして、1日休んでる間に、まだ職場に問題が。でも、ヘルプの発信源があのちゃらんぽらん男からだと、自業自得な感じも……だからといって解決しないわけにもいかないのですけども。


魔弾の王と戦姫
 リュドミラの守りの巻。人と人が単純にぶつかり合って、ではなく、どこに陣を設置するか、それに対してどう動くか、という事に重きを置いていて面白い。必殺技を持っていても、それだけでは勝てないというのがこの作品の魅力、なんですかね。まあ、主人公補正でティグルの攻撃は一発逆転を狙えていますけども。あと、リュドミラがこの後わかりやすいツンデレになってくれそうな展開。


ガンダムビルドファイターズトライ
 セカイの弱点の巻。ギャン子さん、そんなに周りに評価されてたんですねえ。サザキくんが割と井の中の蛙という感じだっただけに意外。フミナ先輩は遠距離型と近距離型のチームメイトにあわせて、ガンプラを変更することにして、セカイと一緒にガンプラを買いに行くのでした。そしてそれをデートと称したことで、お姉ちゃんが尾行して、それにユウマくんが釣れるのでした。お姉ちゃんの勘違いっぷりが微笑ましい。フミナ先輩に「デート」と言われて反応していなかったセカイはやっぱり「デート」という単語そのものを理解していなかったのね。ともかく、行き先のGミューズで、今後の壁になりそうな心形流の若手とバトル。強いのはともかく、相手を侮ってる感じがちょっと小物っぽかったですね。セカイは負けてショックを受ける風でなく、それをバネに前に進める強さを持っていて爽快な感じです。

posted by hugie at 00:00| Comment(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]