2014年10月12日

今週の地上波モノ

繰繰れ!コックリさん
 初回。ある意味「妖狐×僕SS」に近い作品、なのかな。こひなをずっと通常頭身で描いていたら、もうちょっと男性ファンも引き込めそうなんだけど。ひたすら動じない感じのこひなと押しかけてきたのに振り回されるこっくりさんの関係性が面白い。でも、今ひとつパワーが足りないというか。まだキャラが出そろってないので、様子見ですかね。


四月は君の嘘
 初回。ピアノを強要されて、そのモチベーションがなくなって、ピアノが弾けなくなった少年が、音楽に愛された少女と出会い、という話。絵柄がちょっと癖がありますね。ヒロインはヒールやレギンスをその辺に捨て置いておく奔放なキャラに見えて、意中の男性にはこびを売るようなキャラで……「リアル」なのかもしれないけど、今ひとつピンとこない造形だ。


神撃のバハムートGENESIS
 初回。ゲームはある程度遊んでいますが、世界設定以外はあまり関係なさそう?ともかく、映像、仕掛け、動きなどなどハイレベルにまとまっていて、しかもcygames一社提供で、驚愕。課金がこんなハイレベルアニメになるんだったら、デレマスへの期待も高まります。しかし原作では魅力的なキャラも多いのですが、それらはどのくらいアニメに出てくるんだろう。


SHIROBAKO
 初回。タイトルから想像できなかったのですが、アニメ制作に携わる人達の話なんですね。冒頭のアニメーション研究会の面々が業界でどう活躍しているのかしていないのか。このメンバー、中の人が素人くさくて危険信号が点灯しましたけど、本編が始まったらおおむね登場人物が入れ替わったのでひとまず難を逃れた感じですね。中の人はともかく、早速ぎりぎりまでミスを報告しない、人任せになったら悪びれず好きなことを言うという嫌なキャラが出てきました。あのくらい厚顔無恥でないと続けられないのかもしれません。「使えない」人が厚顔無恥だけで続けてても癌にしかなりませんけども……しかし、いきなりカーチェイスが始まったのは面食らいました。


Gのレコンギスタ
 3話。うむ、よくわからん。海賊側はともかく、主人公側が何を考えてるのか。敵から接収したMSに敵をそのまま乗せて逃がしてしまうし。主人公達はそのまま海賊側に連れて行かれて、そこで相手の思惑を知る方向なんでしょうけど。今回これでもかと自然と動物が描かれたのは、宇宙世紀に人間が滅びかけて、でもここまで環境が再生したという描写なんですかね。


魔弾の王と戦姫
 2話。うん?主人公や今回主人公の領地に攻めてきたのは地方領主で、上に王国があるんじゃないのか。王が王子が死んで何もできないからって、外国とも戦争してるのに国内で内乱するのか。外国に取られるくらいなら焼けという話はされてたけども。まあ、わかりやすく悪役なので、主人公側が容赦なく叩き潰してくれる事を期待。ところで、主人公に突っかかっててメイドをレイプしようとした奴は、手を射貫かれましたが、それだけで屋敷に放置されましたよね。その屋敷に背を向けたままのんきに会話してて、何も起こらないのが気持ち悪かったです。あいつが動けないなら、もっとわかりやすくのたうち回って気絶するとか、そこまで見せてくれないと……多分今後も主人公を恨んでどんどんおかしくなっていくのでしょうから、あの場で死なすわけにはいかないのでしょうけども。

posted by hugie at 00:00| Comment(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]