2014年08月31日

今週の地上波モノ

月刊少女野崎くん
 先輩と少女漫画と背景の巻。鹿島くんと堀先輩のすれ違い具合が面白い。堀先輩は比較的まともに見えて、Cパートみたいにずれてるところがあるし、鹿島くんは言わずもがな。作中ではちょっと暴力的なやりとりの多い組み合わせですが、一方的じゃないしどっちもタフだから笑ってみてられますね。そんな中で、野崎くんとツーショットだったりお泊まりのために背景を頑張ると宣言する千代ちゃんが輝いてた。


ペルソナ4 ザ・ゴールデン
 クリスマスイヴの惨劇の巻。あの誘い方はそりゃあ勘違いする。でも直斗一人だけずれて勘違いして、しかもその想像が実現(?)してしまうおまけ付。一人だけ、最初から鳴神くんに恋愛感情をちゃんと持ってるりせだけちょっと可哀相な感じですねえ。結果菜々子の一時帰宅にあわせてパーティすることになってめでたし。そして忘れられてるマリーの件に触れて終わり。マリーの件はどこに向かっていくんでしょうかね。


人生
 文化祭の出し物の巻。第1新聞部に続いて「敵」っぽい人が出てきましたね。しかし、部長は部活には全然参加してないのに、戦うとなったら赤松くん達が矢面に立たされるんだろうなあ。理不尽だ。あと、OPやEDには参加してたピンク髪のキャラがやっと第2新聞部の面々と接触。まだ参加するという方向にはなっていなかったような気がするんですが、EDは完全版(?)になりましたね。


まじもじるるも
 友達の巻。ライバル登場と思いきや、ツンデレ気味な(自称)友達→友達でした。これも柴木くんとあって、周りの人と接して、友達という範囲が作れたというるるもの成長なんでしょう。最初どうなるかと思いきや、ほっこりするお話に落ち着いて良かったです。が、「契約」についての話が掘り起こされて。柴木くんはどうなるのか。というか、私は名前コピペの為にWikipediaを見に行って、割とネタバレ食らってるのですけども。ダメだと思って読み飛ばそうとしても、章の名前くらい読み取れますよね……



ハナヤマタ
 なるのトラウマの巻。ただでさえ緊張しそうななるがいるのに、他の面々も緊張してて、不安でいっぱいのイベントデビュー。予想以上に全体的に不安定になって、なるは大失敗、過去のトラウマに引っかかって動けなくなるのでした、という展開。前半のむちむちからトレーニングの辺りの日常系っぽい流れに反して、後半にストレスが。ハナも失敗しそうになってたのは、あわせるべきなるがふらついていたから、だからと思いたい。しかし、なるの悪夢を見ていた感じ、今回も失敗して、でもヤヤが手をさしのべてリカバーして解決、という風になると思っていたのですが、引っ張りましたね。


普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。
 二人目の中の人の巻。みらいちゃんが奈々子達と少し打ち解ける、その第一歩的な話。ゆい先輩が凄く人当たりのいい人なだけに、差が際立ちますね。奈々子も今まで部活とかやってない感じで、先輩として接するというのは苦手みたいだし。でもゆいのピンチに奮起して、奈々子の教えもちゃんと反映させて、完璧に魚心くんをやってみせて、打ち解けると。平和やなあ。


ヤマノススメ
 富士山準備の巻。大きな事をやろうとして、その大きさに不安になるあおい。吐露してみるとみんな不安だったし、先輩はそういう不安を乗り越えて、でもぶつかってみないとわからないと言うことをあおいに教えるのでした、てな話。いい話やなあ。ただ、原作と同じ流れだとこの後……

posted by hugie at 21:17| Comment(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]